やっぱり最強!ポイント還元率が4%でETCカードも作れる楽天クレジットカード

使っているクレジットカードのポイントの還元率が少し悪いように感じていたので、見直そうと思っていたところテレビCMでポイント付加が多くなっている楽天カードを持って見るのもいいかなと思っていました。仕事でもここ数年、楽天カードを提示してくる人が増えてきたので自分も持って見ようと思いお小遣いサイトから申し込みました。

そこでのポイントも15000円分程付加されて、楽天ポイント自体も8000ポイントついていましたので結果として23000円分くらいカードを作っただけでいただけました。作ってからも楽天カードはポイントが付加されるサイトが色々とあり、特に買い物をしなくても週で200ポイントほどつくので年間で考えると1万円分ポイントが購入ポイント以外でも付加されます。

もちろん楽天市場での買い物は通常で4倍、4%の付加があるのですがアプリを落としてそこから買い物をするだけで5倍、5%の付加になります。少しの手間でそれだけポイントが付加されるのは楽天ぐらいだと思います。まあここまで良いことを書いているので少し気になったところも書いておかないといけないですね。

市場以外でのポイント付加は通常の1%程ですね、市場の商品も最安値のものがあるわけではないので、価格コムなどで最安値を調べるのでもいいかもしれないですね。ポイント使用と価格を確認しながら商品購入を検討するとよいと思います。でもポイント付加が他のカードに比べると桁違いなのでやはりお勧めです。

ETCカードも発行可能でおすすめできる

あまり知られていませんが楽天カードはETCカードも発行できます。年会費無料とはいかず年間500円かかりますが、楽天での買い物は4%のポイントが付くのでカードを使っているうちに500ポイントなんてすぐに貯まります。高速道路や有料道路を使う方、ゴールデンウィークなどで長距離を走る予定の方はETCカードは必須ですよ。

おすすめのETCカード!年会費無料比較ランキング

なぜなら一般レーンを通らなくてもいいだけじゃなく、ETCレーンを通過することで通行料金が安くなるからです。バイクも軽自動車と同じ割引率なのでETC車載器を付けておいたほうがいいです、バイクのETCはあまり好きではなかったのですが、分離型の車載器を選んで取り付けを行いました。分離型はバイクにつけても目立たず、そこまで外観を邪魔しなかったです。付けてよかったと思っています。

通行料金が500円安くなったら、それだけで年会費を取り戻せますからね。楽天カード以外にもETCカード発行できるクレジットカードはたくさんあるので念のためご紹介しておきます。年会費永年無料で持てるAmazonユーザーにおすすめできるオリコカードの紹介もあります。あとは三井住友VISAカードなんかも有名でおすすめできます。クレジットカードの作り方は1つじゃなく、複数ありますが今はやっぱりネット申し込みが便利です。

余談ですが、クレジットカードと同じように使えるVISAデビットカードですが、こちらはETCカードを作れません。ですが、とても便利なカードですので一応おすすめのVISAデビット比較サイトをご紹介しておきますね。

保存

保存

保存

保存