高齢者の人がクレジットカードの審査に受かるために必要な事

korei

クレジットカードには審査がありますが、その時には年齢制限があります。一般に高齢者がクレジットカードを持つのは難しいです。ここでは高齢者のクレジットカード審査について解説します。

高齢者の審査が厳しいのはなぜ?

クレジットカード業界で申込みが可能なのは○○歳までという決まりはない。ですが実際には高齢者の審査は厳しい傾向にあります。理由はその年齢によるもの。もし、本人が死んでしまうと貸し倒れになる可能性が高いからです。ですから、20代から50代くらいまでの人達よりは審査に通るのが難しくなるのです。

高齢者の中には現役の会社員をしている人もいれば、会社の経営者の人もいる。この人達のように安定した収入がある人でも、高齢者だから亡くなる事があるリスクを考えて、審査を厳しくしているのです。

高齢者がクレジットカードを持つには

先に説明したように死んでしまうリスクを考えると、クレジットカード会社としてはできれば高齢者には遠慮してもらいたいところなのです。でも、お年寄りもクレジットカードを持ちたいですよね。そこで自分の年齢が一応は年齢制限内に入っているとしても、年の事もあり審査には通りにくい事を前提にして、居住形態や家族構成、収入などで信用力をアピールするしありません…。

年金受給をしていなくて、現役でハツラツと働いているのなら、勤めている会社名や役職、年収などを正しく申告しましょう。この事により自分はまだまだ元気な高齢者である事を強調できます。

ここまで説明したきたように高齢者の人がクレジットカードの審査に通るは難しい面もあります。しかし、絶対クレジットカードを持てないわけではないです。

クレジットカードの審査は総合的な判断でされますから、年齢が高い事だけですべての審査に落ちるわけではありません。審査基準は会社により違いがあるので、あきらめずに審査に申し込んでみると良い結果がある可能性もあります。あきらめずにクレジットカード審査に挑戦してみましょう。

保存